« 新年会 | トップページ | 神の手 »

2006年1月 9日 (月)

男たちの大和

期待通り、思いっきり泣けました。

戦後60年ということで去年からいろいろな戦争を考える映画やドラマがありましたが、

こんなに徹底的にみせられると、

なぜ、こんな戦争をしたのかと今さらながら考えさせられます。

その答えは映画の中で出てくるので、

最後はつらい気持ちで終わらないけれど、

実際は・・そう簡単に割り切れるものではないでしょうに・・・

いつまでみんな覚えていられるのでしょうか。

|

« 新年会 | トップページ | 神の手 »

コメント

感動しました!
いい作品だったと思います。
戦争とは、人間とは
いろんなことを考えさせられました。
時代の流れというか
大きな流れの中で
人間は流されてしまうのですね。
(まさに狂気の時代だったと言えます。)
それから、
戦争という過ちは
二度と繰り返してはいけません。
そうな風に考えます。
そういう意味で本当にいい映画でした。
(長渕剛の唄も最高でした。)

青い森のマサでした。

投稿: マサ | 2006年1月10日 (火) 15時04分

書き込みありがとうございました!!
僕はまだ見てないなあ。
評判はかなりいいみたいなんでぜひ見に行こうと思いますよ。

投稿: ユウ | 2006年1月15日 (日) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21481/292352

この記事へのトラックバック一覧です: 男たちの大和:

» 青森コロナで「男たちの大和/YAMATO」〜。 [マサ’ズ ウェブサイト]
先月から公開が始まっている話題の映画を やっと鑑賞することができた。 胸を打つ、実にいい映画だった。 (感動した。) 当時、飛行機による攻撃が、いかに威力があるかは、 日本軍による真珠湾攻撃の成功が、それを示していると言える。 そうした中で、いかに巨大で高....... [続きを読む]

受信: 2006年1月10日 (火) 15時07分

« 新年会 | トップページ | 神の手 »